0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【送料】全国一律¥800(税込)。商品ご購入の合計代金が¥5,000以上(税別)以上の場合、送料無料。

CLA(共役リノール酸)

通常価格:¥4,104~ ¥7,560 税込
¥4,104 ~ ¥7,560 税込
商品コード: F6200 ~ F6250
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
CLAは、脂肪細胞に脂肪を蓄積させない働きで注目された栄養素です。
吸収の早いトリグリセライド型CLAで、運動量が少ない方やついつい食事を摂りすぎてしまう方にもおすすめのダイエットサプリです。
1日9粒で3,300mgを摂取することができます。
◆CLAってなに?
日本語で共役リノール酸と呼ばれるCLAは、肉類や植物油、乳製品にも含まれる成分で、最近はゴーヤに含まれている事でも話題となりました。CLAが発見されたのは1930年代のことですが、その重要性が話題になったのは1970年代に入ってからです。名前が似ているため間違えられますが、CLA(共役リノール酸)はリノール酸とは異なります。リノール酸を加熱処理すると分子構造が変化し、共役リノール酸という別のものになる。この小さな変化が私たちの身体づくりに大きな変化をもたらせてくれます。

⇒さらに詳しく
リノール酸は、炭素原子を18個持っており、配列の9番目と12番目の炭素原子に二重結合が見られますが、CLAは9番目と11番目もしくは10番目と12番目に二重結合が見られます。二重結合の間にリノール酸は10・11番目を挟んでいるのに対し、CLAは10番目のみ、もしくは11番目のみ挟んでいる(共役二重結合)ことが名前の由来です。1970年代後半、米国のウィスコンシン大学の研究グループは、ハンバーガーの中に含まれる発がん物質について研究していたところ、まったく逆の抗がん性作用がCLAにあることを発見しました。その後、様々な実験においてCLAの健康有用性が発見されるようになりました。

◆トリグリセライド型のCLA
近年、ベニ花由来のトリグリセライド型CLAが開発されました。これは、従来の脂肪酸型CLAに比べ風味が良く、吸収速度が速いことが特徴です。ゴールドジムのCLAはトリグリセライド型のCLAを使用しています。
※ベニ花→ベニハナ属に属する一年生木で、植物油の中で一番リノール酸含量が多い

『CLA+カルニチンで効率よくダイエット!』
●STEP1
食事などで摂取した脂肪が使われずに残ってしまうと、脂肪分解酵素(LPL)の働きにより、脂肪細胞に貯蔵しやすい状態に分解(脂肪酸とグリセリン)してしまいます。CLAはこのLPLの放出を抑制し脂肪細胞に脂肪が取り込まれにくくしてくれます。

●STEP2
脂肪細胞に貯えられた脂肪は必要に応じ、ホルモン感受性脂肪分解酵素(HSL)の働きにより分解(脂肪酸とグリセリン)、血液中に放出しエネルギー源として消費されやすい状態にしてくれます。CLAはこのHSLの放出を促進しエネルギー源を供給してくれます。

●STEP3
脂肪細胞から放出された脂肪酸は、脂肪燃焼酵素(CPT)の働きにより燃焼されます。CLAはこのCPTの放出量を増加させ、脂肪酸が効率よく燃焼されるようにしてくれます。

●STEP4
STEP3の「燃焼する」という部分にカルニチンは関わってきます。脂肪を筋肉細胞内のミトコンドリア内に送り、はじめて脂肪が燃焼されます。このミトコンドリア内に脂肪を入れるためには、脂肪をカルニチンに結びつけなければなりません。分かりやすく言うと、「カルニチンというチケットが無いと、脂肪燃焼という会場に入れない。」ということになります。

カテゴリ一覧

ページトップへ